日々風俗行っています

巨乳風俗嬢を指名しても、真っ先に胸を責めるようなことはしません。

巨乳専門デリヘルばかりを利用している私ですが、風俗嬢が裸になり、サービスを開始したとしても、できるだけ巨乳を避けてプレイし始めます。内心はすぐにむしゃぶりつきたい思いで一杯なのですが、それをしてしまえば、他のお客さんと同じ巨乳マニアの一人としか思ってもらえないでしょう。そこで、お楽しみを最後まで取っておくつもりで我慢し、風俗嬢のほうから積極的におっぱい攻撃をしてくるのをひたすら待つことにしています。すると予想通りの反応が返ってきて、スマートに巨乳を満喫できるのでした。女性が自ら巨乳を押し付けてきて、私の体にこすりつけるときの感触、そして私の手を取って、自らの胸に誘導された時は、なぜだか勝利した気分にさえなれるのでした。そして、そこまで我慢した分をこの後できっちり取り返すことにしています。堰を切ったように巨乳を責める時の興奮度、自分でも抑えきれないほど高鳴っており、その豹変振りに女性が驚くことも珍しくありません。そんな姿を見せれば、女性のほうもフィニッシュはパイズリで抜いてあげようと思うようで、パイズリを時間をかけて行い、魅惑の谷間や乳首目がけて射精しています。

ロリ顔で熟女、しかも胸は爆乳という風俗嬢のサービスは最高でした。

数々の巨乳風俗嬢のサービスを受けてきた私ですが、先日は、非常に希少な巨乳女性のサービスを受けることができました。よく利用する巨乳デリヘルがあるのですが、そこに新人さんが入店したことに気づきました。早速、この女性を指名したところやって来たのは、まだ20代前半に見える女性だったのです。しかし話を聞いてみれば、彼女は40歳間近の熟女で、驚くほど若い外見に加え、ロリ顔さんだったのです。そして視線を下に向ければ、顔にふさわしくない大きな胸があるのです。巨乳と熟女、ロリ顔巨乳というパターンはこれまで何度か経験してきましたが、ロリ顔巨乳熟女というパターンは初めてだったので、その胸に触れる前からムスコはフル勃起してしまいました。しかもその風俗嬢は、舐め上手の淫乱女でした。巨乳女性の大半が、その大きな胸に頼ったサービスをメインにするところが、彼女は舐め行為で、私の全身をくまなく刺激し、ムスコのおしゃぶりにたっぷり時間をかけて、パイズリ無しで抜かれてしまいました。巨乳好きならば、最初の一発を胸で抜けないことに残念がるところですが、そんな気持ちはまったく湧いてきませんでした。それだけ気持ちよかったフェラ、その後で受けたパイズリも含めて、何もかも満足できる風俗嬢だったと思います。

気になった風俗店で熟女と楽しい時間を過ごした

身近に魅力的な熟女の方がいて、僕はその方の虜になっています。しかし年齢も離れている事もあり、相手からほとんど男として見てもらえずに子供のような扱いを受けているのです。正直僕は女性としても見ているのですが、ほとんど深い関係に発展せずに終わってしまいそうな感じでした。そこでこの魅力的な熟女と一緒に楽しい時間を過ごす事ができなくても、風俗店で似たような女性と楽しい時間を過ごす事ができれば良いと思うようになったのです。年齢層も上の熟女が多くいるような風俗店を探してみると、綺麗で体もスレンダーな女性が揃っているお店を見つける事ができました。楽しみな気持ちも大きくなり、そのまま夜にお店まで行ってきました。受付を済ませて部屋で待っていると、指名をした女性が来てくれて僕の体を丁寧に洗ってくれたのです。ベットに戻ってからはディープキスから始まり、全身をいやらしい音を立てながらリップサービスしてくれました。シックシナインなども楽しみ、素股で気持ち良くイクことができました。